握力によるスライドを理解する

  2012年10月15日 0 動画講座

前回、「スライドパターン2を理解する」に続き、

スライドの理解を深めるため、握力について書いてみます「(ーヘー;)

まずは、握力によるスライドはどのようなものか復習します。

 

【おさらい From 基礎講座】

下の場合、左に寄せたければどうしますか?

まず一つのベタな方法として、

本体を景品の右側に寄せて

右側のアームの握力で

左に寄せようとする方法

 

基本的には、下の動画のような、逆Dリングスライド設定には、

「スライドパターン2:ゴール側のアームでひっぱる」を

使用するのがセオリーといえるでしょう。

 

しかし、景品が大きすぎる場合、また小さすぎる場合、

「スライドパターン2」は通用しないことがあります。

その時は、おとなしく、握力によるスライドを使います。

 

スライドをまとめると、

  • 普通に平面においてある⇒握力によるスライド
  • 景品が下からつかめるように浮いている⇒スライドパターン2

この動画では、景品が大きすぎたので、

普通に平面においてある部分を、握力によるスライドで

GET口に近づけ、最後はプッシュGETという王道の攻略でした。

 

コメントをのこす