【めぞん一刻を読んだ】悲しみにさよならできない

  2015年01月03日 0 雑記

msi-u

©高橋留美子

めぞん一刻を読んだ

 

いやー読みました、めぞん一刻。

ネットで勧めている声も多かったですし。

 

めぞん一刻とはなんぞやというと

一刻館の管理人音無響子と五代裕作があれこれする漫画です。

美人とダメ男の恋愛漫画

ドラマ「やまとなでしこ」と似た感じ?ですかね。

このスタイルは恋愛漫画、ドラマとかは鉄板なのでしょうか。

 

面白いどころか、響子さんという人物を

強制的に好きにならされる漫画です・・。

自分はもっと見ていたいのに、悲しみにさよならできないわけです。

 

というわけで、こちらのめぞん一刻。

8年前にちょろっとプライズで登場しています。

 

 

 

めぞん一刻 シチュエーションフィギュア ~おかえりなさい~

 

msi-1

 

バンプレストから登場。

悪くいうとゲーセンらしいフィギュア。

でもちょっとめっちゃ欲しいです。

ちょっと調べましたが、手に入れようと思ったら安くはいかないようで(^_^;)

 

去年は「不思議の海のナディア」のフィギュアがなぜか登場しましたし

往年の名作のフィギュアがゲーセンに登場してくれるとうれしいですね。

 

コメントをのこす