橋渡し(オーソドックス)のセオリー【動画】

  2015年01月16日 2 動画講座

hws-u

 

橋渡しのセオリー

 

だいぶ昔に橋渡しの攻略方法の記事を書きましたが

あまりオーソドックスな橋渡しは見かけなくなっているので

橋渡しのセオリーに追記という形で書きます。

 

 

 

橋渡しとは

 

橋渡しという設定は

手前と奥、2つのフロアパネルを敷いていて

その間に落とし口を作られた設定です。

 

hws-1

 

”クレナ2 Queen”という機種で橋渡しはこんな感じ。

これがオーソドックスな橋渡しですね。

 

箱の下になにも敷いているわけでもなく、

ビニールテープや滑り止めも見当たりません。

 

 

攻略方法(見極め)

 

まず、景品の幅と橋渡しの落とし口の幅が大事です。

 

落し口の幅は大きければ大きいほど落ちやすいです。

 

hws-2

 

まったく分からない人だと景品を横にしちゃうことがありますが

景品を横にしてもいい時は

景品フタのカドとカドの対角線落とし口の幅

同じもしくはそれより少しせまいというときだけです。

 

オーソドックスな橋渡しでは

横にしちゃうと詰んでしまうパターンになりがち。

 

逆にフロアパネルだけではない橋渡し

例えば、すべり止めをつけたツッパリ棒の橋渡しでは

横にする過程で落とし方を調整していくこともあります。

 

 

攻略方法(操作)

 

① 景品の手前かカドを左右対称に持ち上げて

   景品をななめにハメる。

② ななめにハメた時の上の方を持ち上げる。

 

 

今ではこのやり方は当たり前のように広がっているので

最後の狙い方がピンポイントで狙わないと難しいものが多いです。

 

どうしてもセオリー通りにいかなければ

景品を横にして、景品のフタにアームを入れ込む方法もありますね。

 

コメント (2)

 

  1. あー より:

    すごーい

  2. フック より:

    参考になります

コメントをのこす