バンダイナムコ「スター・ウォーズ」AM機を異例の個人販売へ

  2015年05月26日 0 ニュース

swb_2

marketnewsline.com

バンダイナムコ製AM機を個人販売へ

 

これまたビックリなニュースが飛び込んできました(^_^;)

業務用と位置付けられているゲームセンターのゲーム機

「スターウォーズ・バトルポッド」の個人販売をするというのです。

 

「スター・ウォーズ」業務用ゲーム機、456万円で個人に バンダイナムコ、6月発売

 

swb_3

 

 バンダイナムコエンターテインメントは6月、映画「スター・ウォーズ」を題材にしたドーム型業務用ゲーム機を個人向けに発売する。価格は1台456万円。ゲームセンターに設置する業務用ゲーム機を初めて個人に販売する。スター・ウォーズの高い人気で、自宅でも遊びたい熱烈なゲームファンの購入を見込む。

 

全文を読む

(引用:日本経済新聞

 

記事によると、ゲームセンターや中古業者が行うのではなく

メーカーであるバンダイナムコが個人向けに販売をするということ。

価格は1台456万円というそれなりの値段になっているみたいです。

 

購入方法は、バンダイの直営サイト「プレミアムバンダイ」で

販売され、設置費用の諸々の経費も含まれているとのこと。

 

 

 

なぜ?メーカーが異例の個人販売

 

それにしても今回のニュースは驚きましたね(^_^;)

メーカーが業務用AM機を販売するなんて

今までで聞いたことありませんからね。

もしかしてあったのかもしれませんけど。

 

4月24日から稼働開始となった

「スターウォーズ・バトルポッド」。

稼働しはじめたばかりなので、残念ながら稼働状況までは分かりませんが

稼働が好調すぎた・・・なんてことはないと思いますw

 

同じようなドーム型の大型ビデオゲーム機として

「ガンダム戦場の絆」というゲームがありますが、これはとても人気。

 

何人からかの熱い要望、もしくは話題作り・・・?

おそらく後者が濃厚かなと予想しています。

 

 

価格の謎

 

価格は1台456万円となっていますが

ゲームセンターに販売している価格は

この額より100万円ほど低いみたいです。

 

設置費用等の費用を含んでいるとはいえ

ゲームセンターに売る価格より高いのは間違いない模様。

 

買う人はなかなかいないと思いますが

買うと言う人は熱狂的なファンなので

これくらいの差額は納得だと思いますけどね。

”家に大型ビデオゲーム機がある!”なんて

ぼくにとってはフェラーリオーナーよりすごいと感じます。

 

バンダイナムコがこのような動きをしたということは

最も多そうな”家でクレーンゲームがしたい!”要望も

叶う日が来るかもしれませんね(^o^)

 

コメントをのこす